亀川温泉オンセンゴマツボ荘

令和6年能登震災の被災者を受け入れるため一般のご予約を一時停止しております。

亀川温泉オンセンゴマツボ荘(オゴマ荘)。
水辺に住む生き物について調査を行う
NPO北九州魚部が運営する宿泊施設。
亀川で再発見されたオンセンゴマツボという
小さな巻貝の名前のついた
我が家のようなほっと一息つける空間です。
この宿をあなたの素晴らしい旅の拠点に。

CONCEPT

コンセプト

宿名の由来

オンセンゴマツボって何?そう思ってもらいたくて宿名にしました。

これは40℃前後の温泉水中に暮らす、4㎜ほどの微小な巻貝の名前です。世界中でおんせん県の大分県にしか生息していません。それも、宝泉寺温泉と湯布院温泉のごく一部です。由布市では天然記念物指定され、大分県の希少種を守る条例指定種でもある絶滅危惧種です。実は亀川でも1965年に一度だけ記録されていましたが、その後の環境改変で見られなくなり、絶滅したと思われていました。ところが、2022年にNPO法人北九州・魚部の調査で約60年ぶりに亀川に生き残っていることが分かりました。

この宿のあるエリアがまさに今、オンセンゴマツボが確認されている場所になります。この宿のお風呂も昔から温泉が引かれていました。そういう経緯から、旅人の皆さんにもオンセンゴマツボの名前を知ってもらおう、温泉に浸かりながらオンセンゴマツボの気分を味わってもらおうと、宿の名前にしたのです。通称は「オゴマ荘」もしくは「オンゴマ荘」です。

オンセンゴマツボの調査について地元ケーブルテレビ「わくわくとんぼテレビ」で取りあげられました。

以下よりアーカイブをご覧いただけます。
・特集 亀川で密かに生きるオンセンゴマツボ 前編
・特集 亀川で密かに生きるオンセンゴマツボ 後編
・オンセンゴマツボ調査活動 川の大会で準優勝

温泉について

宿の温泉「オンセンゴマツボの湯」

隣家との共同泉源で、季節により42℃~46℃程度で配湯される掛け流しです。ただ、湯量豊富ではありません。温泉は自然の恵みの天然資源ですが、近年は(熊本地震の影響?)湯量が安定しません。残念ながら極端に少ない時もあります。その際は、大変恐縮に存じますが、エコキュートの湯の蛇口をお使いください。また、厳冬期は浴槽の湯温が上がらないこともあります。その場合もエコキュートの湯で調整をお願いいたします。

ご不便をおかけしますが、どうぞご理解くださいますようお願い申し上げます。(※亀川に限らず、別府市内でも湯量の多寡はあり、こうした併用はあるとしばしば聞きます。「亀川暮らし」のある種の現実的な面かもしれません)

  

亀川の公衆温泉あれこれ

後でご紹介するように、亀川には地元に愛される公衆温泉がいくつか存在します。ぜひオンセンゴマツボ荘の温泉タオルを片手に温泉巡りをしてみてはいかがでしょうか?雰囲気や趣も異なりますし、湯温や泉質も少しずつ異なります。地元の常連さんが話しかけてくることもよくあります。これも「亀川暮らし」の楽しさ、豊かさだと思います。

「旅と温泉と地域」を感じる宿

ブックカフェというのがありますよね。オンセンゴマツボ荘は、あれの宿版という側面もあります。

娯楽本を置いている宿はいくつもありますが、ここは「旅と温泉と地域」というテーマに特化しています。通路には戦前ふくめた別府や亀川の資料展示、洋間の壁1つには旅や温泉の本、全国の地域雑誌やパンフが置かれています。

旅するあなた、温泉好きなあなた、各地の「地域」に関心のあるあなたが、かつて訪れた土地、あるいはこれから行ってみたい場所に思いをはせるのもいいかもしれません。

HOW TO ENJOY

楽しみ方

亀川の温泉巡りをしよう!

地元亀川の方々とお風呂で話が弾むこともあるかも。

すぐ近くで設備整う「亀陽泉(きようせん)」

徒歩5分ほど。6時半〜22時半まで(昼休憩あり)。

渋さ全開で話のタネに、また熱湯好きなら「筋湯温泉(すじゆ)」

徒歩5分ほど。19時には閉まる。お賽銭が入浴料。

前の浜田温泉を残した資料館も見てほしい、そして熱湯好きなら「浜田温泉」

写真は旧浜田温泉(現資料館)。道向かいに浜田温泉がある。6時半〜22時半(昼休憩あり)。

歴史ある名湯で、適温たっぷり掛け流し「四の湯温泉(しのゆ)」

徒歩10分ちょっと。7時〜22時まで(昼休憩あり)。適温がドバドバ注がれる。

ぶらぶら亀川周辺を歩いてみよう!

オンセンゴマツボ荘周辺にも

(※記載の時間は徒歩の所要時間) 

・オンセンゴマツボ荘周辺を歩いてみますか?(往復1530分)

オンセンゴマツボのいる温泉の流れる溝や泉源、別府石の古い石垣があちこちあるのに気づくかな。

亀川漁港の方へ歩いてみますか?(往復40分)

潮の香りがしてきますよ。振り返ると山々。海と山の近い亀川です。写真は、亀川漁港と弁天様(市姫神社)。

・旧街道を歩いてかつてのにぎわいを想像しますか?(往復1530分)

白亀堂で甘いもの買いたくなるかも!
ブランデーケーキが有名ですが何でも美味しいです。

 

・目の前の山手の石段をのぼって板山へ上がってみますか?(往復45分)

海の見える丘のアトリエで眺望を楽しんでお茶も良いですね!亀川が一望できます。道沿いには桜も。

・新川沿いをぶらぶら歩きますか?(往復1530分)

サンストアでお買い物したくなるかも。地物の魚が、地元野菜・果物が充実!写真は、新川河口と、地魚「アメタ」の刺身、サンストア。

 

足を少し伸ばして、散策も楽しい!

足を少し伸ばしたところにも見どころいっぱい!

(※記載の時間は徒歩の所要時間) 

上人ヶ浜公園に行ってみよう!(往復1~1.5時間)

大きな松林を通り抜けると石がゴロゴロした自然海岸と別府湾。ベンチに座ってのんびりするのも素敵です。右手にサンフラワー、その奥に高崎山が見えてとても心地よいです。隣接するアマネリゾートでは、いくつかのレストランで美味しいランチも可能。そのすぐそばのDIG COFFEEさんでお茶するのもいいですね。スターバックスコーヒーやケンタッキー・フライド・チキンもありますよ。

竈門八幡神社の石段でプチ運動はいかが?(往復1時間)

鬼滅の刃で広く名を知られるようになりました。プチ運動と言いましたが、なかなか急な石段をのぼりますよ。のぼって振り返ると・・ぜひ行ってみてください。

・亀川の地獄めぐりはいかが?~血の池地獄・龍巻地獄(往復50分)

血の池地獄龍巻地獄は亀川温泉から鉄輪温泉へと上がっていく道の途中、亀川寄りの場所にあります。観光バスや自家用車で訪れる方が多い、一大観光スポット。オンセンゴマツボ荘ならちょっとした散歩がてら歩いていくことも可能です。

(血の池地獄と龍巻地獄)

電車で別府駅まで行ってみよう!

たった2駅、ほんの7分間。でも、昔から亀川では「別府に行く」と言います。

それだけ別の土地だったようです。

別府市中心部で、お昼の街歩き、夜のご馳走。亀川から電車に乗って「別府に行く」のも面白いです。

ああ~亀川で暮らしているみたい・・そんな気分にもなれますよ()

 

県内日帰り旅行してみよう!

日出や杵築、国東半島方面、あるいは湯布院や塚原高原、はたまた大分市、さらには佐伯や臼杵、津久見など、県内を日帰り旅行も面白い!

フットパスやトレッキング、山登りなど体を動かすアクティビティもいいですね。季節が良ければ、海も良いですよ。住吉浜リゾートパークなど遠浅の海で、シャワーやトイレがあるのに人も多くはない、穴場感あるビーチもあります。

日出

暘谷城跡。ここは城下ガレイで有名です。

杵築

1つ目の写真左手に杵築城があります。石畳の坂やカブトガニのマンホールなど見どころいっぱい。

住吉浜

遠浅の海です。ビーチにはレストランがあります。

姫島

車海老が有名です。島内散策も楽しい。

塚原高原

伽藍岳、塚原温泉(酸性度全国2位!)、由布岳。平地の亀川と全く異なる高原の雰囲気を味わいながら、美味しい食事や珈琲などいかが?

湯布院

金鱗湖、下ん湯、由布岳など、美しい自然や茅葺きの温泉、身も心も癒やされます。

佐伯

佐伯城の城山からの眺望は絶景です。大分一の寿司のまちでもあります。

 

佐伯大入島

佐伯大入島は、九州オルレのコースの一つ「さいき・大入島コース」に選ばれています。海沿いだけでなく山道も美しい自然を五感で感じながら、きままに歩くと日々のつかれもどこへやら。

(「オルレ」とは秘密の抜け道を通るときのワクワクや自然を感じるトレッキングのこと)

必見!『亀川ブック』

オリジナルのお手製ガイドブックを宿内に置いています。

私たちが行ったことのある、おススメの美味しいお店、面白いところを紹介したファイルです。お泊りになった際に、ぜひご覧ください!

NEWS

お知らせ

Instagramで見る

HOW TO STAY

ご利用方法

  1. 1

    予約

    • ホームページからご予約お願いいたします。
    • その際に「支払い決済」をお願いいたします。
    • ご連絡先と併せて、「チェックイン予定時間」のご記入もお願いいたします。
  2. 2

    ご案内

    • ご予約確認のメールをお返しします。
    • その際に、到着連絡をしていただく携帯電話の番号(亀川在住スタッフ)もお知らせします。
  3. 3

    チェックイン

    15時〜19時

    • 予約時に到着予定時間をご連絡いただくシステムです。
    • 到着されたら、ご案内の携帯番号にお知らせください。
    • 亀川在住のスタッフが鍵をお持ちし、宿のご案内をいたします。
  4. 4

    チェックアウト

    11時

    • 出る前にご案内の携帯番号にお知らせください。
    • 亀川在住のスタッフが受け取りにまいります。

お問い合わせはこちらから

予約・空室検索はこちら

ROOM

施設・設備

施設の写真

間取り図
外観
洋室8帖
洋室8帖(本棚)
和室6帖
洗面所
浴室外観
脱衣所
浴室
湯船
デッキ
駐車場
玄関・自転車
玄関・廊下

施設

  • 敷地:181㎡
  • 【宿泊棟】
    ・62.7㎡、
    ・3LDK(リビングダイニング10.5畳、洋室8畳、和室6畳、洗面所、トイレ)、
    ・デッキ(洗濯物干スペース有)
  • 浴室棟:9㎡(温泉浴室、脱衣所)
  • 駐車場:敷地内に有(一台分)

家電

  • エアコン3台(リビングルーム、洋室、和室)
  • エコキュート
  • 40インチテレビ
  • IH調理器(2口)
  • 電子レンジ
  • 炊飯器
  • 電気ポット
  • トースター
  • 全自動洗濯機(9㎏)
  • 冷蔵庫(227L)
  • 温水洗浄便座トイレ

家具

  • 寝具類(シーツ・布団・枕・毛布など)
  • 物干し竿
  • ハンガー
  • 8畳洋室:セミダブルベッド1台、折り畳みベット2台
  • 6畳和室:籐テーブル(冬季はコタツを設置)
  • 4人掛けダイニングテーブル
  • ソファーテーブル
  • リビングテーブル
  • 自転車

キッチン用品

  • お皿、茶碗、お椀、カップ、グラス、湯呑
  • 箸、フォーク、スプーン
  • 包丁、調理バサミ、まな板、鍋類、お玉、フライ返し、ボウル、ざる

その他

  • シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ハンドソープ
  • バスタオル、ロゴ入り温泉タオル
  • ペーパータオル(キッチン、トイレ、洗面所の3か所)
  • 洗濯洗剤、柔軟剤

ご宿泊に当たって

★ ①オンセンゴマツボ荘のロゴ入り温泉タオルを、数にかかわらず1回の宿泊につき、「宿泊者各1枚」ご用意しております。どうぞお持ち帰りください。
★ ②歯磨きセット、ヘアーブラシは置いておりません。ご自身でお持ちくださいますようお願いします。
★ ③メイン寝台のセミダブルベッドは敷布団掛け布団、枕のシーツを敷いております。
ご宿泊人数の関係でそれ以上にお使いになる場合は、チェックイン時に必要なシーツ、枕カバーを置かせていただきます。
お手数ですが、ご自身でセットしていただくよう、お願い申し上げます。
★ ④メイン寝台は8畳洋室セミダブルベッドを想定しています。
ご宿泊人数の関係でそれ以上にお使いになる場合は、
6畳和室で布団を敷く
8畳洋室で折り畳みベットを使う
いずれかご都合の良い方をご利用ください。
★ ⑤基本的に2日目、4日目の偶数宿泊日は掃除に入らず、リネン類の交換をいたしません。ご了承くださいますようお願いします。

料金表

宿泊料金 | 定員 : 5名
2名まで
16,500円/泊
1名追加
大人:3,000円/泊
未就学児(添い寝)
1000円/泊
最長宿泊数
6泊まで(それ以上をご希望の場合はご相談ください)
※料金は税込み価格
キャンセル料金
1週間~2日前
20%
前日
50%
当日
100%
連絡なし
100%

お問い合わせはこちらから

予約・空室検索はこちら

ACCESS

アクセス

留意事項

1) 到着時に電話連絡ください。亀川に住むスタッフが鍵を持ってまいります。当施設内にてチェックイン、ご利用方法等のご案内いたします。
2)もしチェックイン時刻が遅くなりそうな場合は、事前にご連絡ください。
3)宿泊料金は、予約時に事前のお支払いとなります。(クレジットカードのみご利用可能です)
4)当施設は禁煙となっております。どうぞご協力をお願いいたします。
5)当施設は静かな住宅街の中にあります。騒音などご近所の迷惑にならないようご配慮をお願いいたします。
6)亀川の道路は狭いので、運転等には十分にお気を付けください。小学生や生徒・学生、あるいはご高齢の方がよく歩いています。なお、宿前の道路は狭いですが、かなり車が通ります。運転はもちろん、小さなお子様の飛び出し、歩行にもどうぞご注意ください。
7)ご宿泊者の方以外の当施設への出入りは、ご相談頂ければ、ご訪問については了解しております。但し、深夜0時以降は、ご宿泊者のみのご利用をお願いしております。(訪問された方が、お泊りになられた場合は、該当する宿泊料金を頂きます)
8)ご宿泊人数は正確にご連絡お願いいたします。宿泊料金は、実際の宿泊人数で精算となります。
9)盲導犬を除く、ペットとの宿泊はご遠慮ください。
10)家具、備品の当施設外への持ち出しは、ご遠慮ください。但し、さし上げる温泉タオルを持って、どしどし近隣の公衆温泉にはお出かけください。
11)当施設の建物や備品を破損・損失し、発生した損害において、保険が適用されない費用については、ご負担をお願いすることがあります。
12)カギの管理にはご注意ください。紛失された場合には、カギの再発行費用をご負担いただきます。
13)未成年者のみのご宿泊はご遠慮ください。未成年者は、保護者または、保護者に許可を得た成人とご一緒にご利用ください。
14)施設内での違法行為は固く禁じております。
15)暴力団員および宗教活動のご利用はお断りしています。
16)天災や事故、火事などによりご宿泊が困難な場合、ご予約をキャンセルする場合がございます。
17)ご宿泊のご予約のキャンセルにつきましては、必ず電話もしくは確認メールのアドレスへご連絡ください。ご連絡いただいた上で、期間のキャンセル料金とキャンセル料をお振込みいただいた時点で成立となります。
18)台風などによる公共交通機関の飛行機欠航や鉄道運休によるキャンセルの場合。ご連絡いただいた予定が欠航・運休の場合は当日に限り台風キャンセルとなり、キャンセル料はかかりません。
19)偽名や過去の住所・電話番号等でのご宿泊・ご予約は旅館業法違反・営業妨害となりますので、固くお断りいたします。

お問い合わせはこちらから

予約・空室検索はこちら